将来声優として働くためには、専門学校に通う方法があります。

ただし、適当に決めてしまうのはよくありません。

声優の勉強をするなら、養成所に通うという方法もあります。

その違いをよく知らないまま安易な決め方をしてしまうと、あとで後悔することがあるのです。

自分に合った方法を見極めるためには、そこがどんな学校なのか、よく調べておくことが大切です。

では、専門学校の特徴について、詳しく説明していきましょう。

参考⇒「私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!」

簡単に入学できる

声優の専門学校は、入学するためのオーディションがありません。

そのため、かなり入りやすくなっています。

養成所だと大抵はオーディションがあるため、最初のハードルが高くなりがちです。

まずオーディションに受からないことには、レッスンを受けることができません。

そうしたスタートの難易度に注目するなら、専門学校がおすすめです。

入学しやすい点を優先するときは、しっかりチェックしておきましょう。

定員数が多い

専門学校は規模が大きいため、受け入れる人数が多くなっています。

30~40人のクラスが複数あったりするため、建物が広く、設備も充実しています。

これも、入学のしやすさにつながるポイントです。

定員数が多いということは、それだけ入り込む隙があるということです。

養成所だとそこまで大人数ではなく、オーディションもしっかり受けなければならないため、入学は難しくなります。

入りやすい学校を選ぶときは、定員数も忘れずに確認しておいてください。

初心者でも安心

オーディションがなく、定員数も多いところは、初心者向きの学校です。

まったくの初心者だと、狭き門をくぐるのは至難の業であり、諦めてしまうこともあります。

しかし、専門学校であれば、それほど悩むことはありません。

初心者でも入りやすく、なおかつしっかりと学ぶことができます。

あまり自信がない場合は、まず専門学校で基本的な勉強をしていきましょう。

基礎が身につく学習内容

専門学校は、声優としての基礎をみっちりと学ぶところです。

発声やイントネーションはもちろん、礼儀作法なども細かくやってくれるため、一からきっちりと勉強することができます。

また、システム化された教育が行われており、教え方がうまい点にも注目です。

わかりやすく教えてくれるため、演技未経験者であっても、どんどん必要なことを吸収できるのです。

養成所だと、より実践的なことを学ぶため、基礎の部分が省略されることもよくあります。

また、教え方が厳しいことも多く、ある程度実力のある人でないと、ついていけずに挫折することもあります。

本当に基礎の部分からじっくり学びたい場合は、専門学校の方を選んでおきましょう。

行事もある

専門学校は、普通の学校のように行事を楽しめる点もメリットになります。

毎日レッスンに明け暮れるだけでなく、仲間と一緒にイベントを行い、和気あいあいと学ぶことができるのです。

アフレコライブなど、声優の学校ならではのイベントがあったりするので、さまざま経験を積むこともできます。

他の学科と交流することも

声優学校は規模が大きいので、アニメーター科などが併設されているところもあります。

その場合、一緒に作品作りを体験できるコラボ授業が行われることもあるのです。

アニメのキャラクターに声を当てることは、声優の仕事の中でも代表的なものになります。

そのため、アニメがどのようにできているのか知っておくことは、仕事をするときにプラスになるのです。

この点に注目するなら、専門学校を選んでおきましょう。

全日制が多い

専門学校は、授業の時間が長いことも特徴であり、全日制のところが多くなっています。

月曜から金曜までの週5日というカリキュラムで、2年かけてじっくりと学ぶことができるのです。

そのため、声優の基礎をしっかり身につけたいときは、最適な学校になります。

養成所も週5日のところがないわけではありませんが、基本的には週1~3日が多く、自主トレの時間の方が長くなることがほとんどです。

それだと、初心者では厳しいものがあります。

基礎が疎かになっていると、うまくできないことも多くなるので、時間をかけて確実に学習していきましょう。

通うのが難しくなることも

日数が多いことは、メリットだけでなく、デメリットになることもあります。

アルバイトをしながら通う場合、上手に両立することができず、かなり苦労する場合もあるのです。

大学に通いながら勉強したい人も、あまりうまくいかないことがあります。

その点を考えると、養成所は柔軟に対応できます。

自主トレの時間がたっぷりあるため、アルバイトや大学とうまくバランスをとりながら勉強できるのです。

そのため、全日制というだけで安易に決めないように注意してください。

どちらが自分に合っているか、よく考えて選択する事が大切です。

夜間コースも

時間的に週5日が難しいとしても、まず基礎から始めたい人がいきなり養成所に入るのは、かなり厳しい方法です。

そんなときは、夜間コースもチェックしておきましょう。

夜間コースがある専門学校なら、日中忙しい人でも、勉強の時間が確保しやすくなります。

大学やアルバイトの予定と被らないように、うまく調整できるようになるのです。

その方法であれば、なんとか両立できる場合もあります。

自分に合ったコースを選択して、しっかり勉強できるようにしましょう。

学費は高め

初心者にはいろいろと助かる点の多い専門学校ですが、費用の面では少し気をつけたいこともあります。

年間100~150万くらいかかるので、よく調べないで決めてしまうと、あとで困ることになるのです。

授業の時間が長く充実していれば、それだけ料金が上がるのも仕方のないことではありますが、払えないようでは通うことができません。

高い授業料に加えて、入学金も必要になってくるので、慎重に検討することをおすすめします。

どんな制度があるか

専門学校の中には、料金の高さをカバーするために、奨学金や学費サポートなどを用意しているところがあります。

普通に払うのは難しくても、そうした制度があれば、なんとかできる場合もあるのです。

そのため、気になる学校があったら、どんな制度があるか、詳しく調べておくようにしましょう。

生活費や交通費も

専門学校に通うために必要なお金は、授業料や入学金だけではありません。

ひとり暮らしの生活費や、移動のための交通費なども含めれば、さらに金額は上がります。

学校を選ぶときは、すべての出費を総合して、「全体でどれくらいかかるのか」ということを考えるようにしてください。

細かいところまでしっかり考えておけば、失敗を防ぐことができます。

学歴に書ける

専門学校を卒業すると、「専門学校卒」と履歴書に書き込むことができます。

これは、学校教育法で認可されている専門学校ならではの特徴です。

養成所の場合は声優事務所が運営しており、特に認可を受けているわけではありません。

学校というよりは訓練機関なので、修了しても、履歴書に書けるような学歴はもらえないのです。

そのため、しっかりした学歴を手にしたいなら、専門学校を選んでおいてください。

まとめ

声優の専門学校は、初心者にも優しいところが多くあります。

初めてだと、「うまくできるだろうか」「ついていけなかったらどうしよう」といった不安を感じるものです。

しかし、専門学校では、一から基礎を学ぶことができるため、あまり心配する必要はありません。

専門学校のように実践的なことばかりでなく、未経験の人が押さえておくべきポイントも、しっかりと教えてくれるのです。

ここで紹介した特徴を考慮して、自分に合った専門学校を探しましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.kokoro-yuyu.com/entry/2016/10/26/213215
http://www.d-cs.jp/debut/
https://ha.athuman.com/pa/column/clp-pa-03.php
https://声優になりたい委員会.net/difference/
https://yumemon.com/archives/3787
https://www.venusinfurbroadway.com/info/gakkou/
http://www.proseiyuu-way.net/step/choose.html