声優になりたくて専門学校へ!普通人にはちょっと驚きの、あるある!

芝居や芸術を子供の頃からやっている、もしくは周辺にそういった関係者が多い場合、それって常識でしょということが、実は普通の人には何でということにもなります。

大人になってもしくは学校卒業後に、憧れの声優を目指して専門学校に入ったら、おやと思ってしまうようなこと意外と多いものです。

業界人なら、それって当たり前このことでも、目からウロコの一般人には、同じような経験する人多いのではないでしょうか。

声優って何となく身近な感じのするもの

勿論声優、早々身近にいるものではありません。

親戚や知人にいるかも知れませんが、プロの声優が至近距離にいる人はそんなに多くはないはずです。

それでも何となく、声優という仕事が身近に感じられるのは、やはりアニメやゲーム、海外ドラマなどが身近にあるためですね。

特にゲーム世代には、親の声よりよく聞いているなどということも、あるかも知れません。

なので自然、声優という仕事自体が身近に感じられてしまうわけです。

でも声優って、やはり特殊な仕事であることも事実です。

一般の人が当たり前と思っていることが通じなかったり、逆に声優にとっては当たり前のことが一般には通じなかったりするのですね。

そんなちょっと特殊な職業の、声優です。

それになるための入り口である専門学校で、すでにその片鱗を見ている人も少なくないですね。

声優というのは特殊職業の1つ

何しろ声優、特殊職業です。

いくら周囲のメディアに多く登場して、日常的にその演技を聞いているとしても、特殊な仕事に変わりはありません。

毎日普通に出勤して、毎日デスクワークをしてというのとも違います。

サービス業でひたすら、いらっしゃいませとありがとうございました、を連呼するのとも違います。

家の仕事を一手に引き受ける、専業主婦や専業主夫の仕事とも違います。

いわゆる普通の仕事ではないのです。

正直な話、人間が生きていくだけなら必要のない仕事の1つですね。

芝居とかテレビ、ゲームなどは単に生きていくだけなら必要のないものです。

生活していく上での、ちょっとおまけの楽しみと言っていいですね。

そういった楽しみを担当する人もたくさんいますが、そのうちの一つの職業が声優なのです。

そしてこういった人たちには、普通人が知らない決まり事があるのも、声優の専門学校に入って味わう驚きの1つでもあるのですね。

専門学校はその特殊職業への入り口

声優を育てる専門学校は、その特殊職業への入り口です。

なのでまずそこで、通常では知らなかったそちらの世界の当たり前を知る、と言う洗礼を受けることになります。

まあ考えてみれば、いきなり業界に飛び込んで慌てふためくよりも、専門学校でワンステップ驚きを経験しておけば、度胸もつくというものです。

演技などの勉強だけでなく、業界の空気を感じるためにも、専門学校を通過しておくことをおすすめしたいですね。

学校に入ったら、こんなところでまず驚いてしまったという、専門学校あるあるを、いくつか拾ってみました。

実は自分もという心当たり、ありませんか。

専門学校に入ってみたら驚いたあるある

専門学校に入学してみたら、こんなところにまずびっくりのいくつか、そんな声を集めてみました。

結構みんなおしゃべり好きで明るい

ゲームなどで声優を知った人の場合、まずこれに驚くようです。

ゲームイコール引きこもりとか、オタクのイメージが強いので、声優もそうではないかと思ってしまう人多いようです。

しかし声を使う仕事ですし、その声で仕事を掴むのですから、すでに卵とは言え自己アピールは欠かさないという人、少なくありません。

結果、学内が明るいのに驚いた、と言う人も少なくないのです。

お早うございますとお疲れ様

いやこれ、もう特殊とは言えないと思う、と言う声も聞かれそうですね。

実際サービス業のおかげで、夜でもお早うございますが当たり前に聞かれる時代になりました。

しかし特に中学出たてで専門学校に入学した場合、このお早うございますが出にくいようですね。

夜に学校に行っている夜間部の人の場合、特に最初はこれでつまずいたと言う人もいます。

つい、こんばんはと言ってしまって赤面したりも、あるあるです。

そして逆に、普通の会社なのにそのくせが出てつい、会社でも夜なのにお早うございますを言ってしまい、ちょっと皆さんの目を点にしたというひとも、いるようですよ。

意外とみんな自己管理している

こう言ってはなんですが、何となくこういった職業の場合派手だろうと思っていたら、いやいや学校に入ってみたらみんなそうでもなかったという驚きもあります。

特に、授業の後で遊びに行く際にも、結構早めに引き上げる人が多いのです。

普通の会社員よりも、ずっとそのあたりの自己管理している人、目立ちます。

というのも、声を使う仕事につくので、その卵でも翌日の授業のために寝不足は避けたいと思うからです。

寝不足と深酒は大事な声をからしてしまうのです。

そうならないように、遊びの時でもきちんとコントロールする人が多いですね。

学校の壁の厚さは驚きだった

普通の学校でも、そこそこ壁は厚いです。

自宅の壁よりももっと厚いものです。

しかし専門学校の壁はもっと厚いのです。

演技や発声の授業の時、声がもれないように、隣室に響かないように作ってあるのです。

また近所迷惑にならないような防音も、完備されています。

初めて学校に行って教室に入ったらまだ自分1人、そして何の音もしない教室でゾッとした、と言う経験ありませんか。

普通の壁なら多少の音は入ってきます。

それがないのが、こういった仕事用の壁の特徴です。

スタジオなど誰もいない時自分だけだと、耳がキーンとするような沈黙を感じますよ。

空気には神経質

当たり前といえば、業界人には当たり前のことです。

空気が汚れると大事な喉にも影響してきます。

声が変質してしまうこともあります。

なので声優や俳優の専門学校の場合、空調は完璧です。

温度だけでなく湿度も完璧です。

あまりに完璧なので、最初に入室した時に逆に物足りなさを覚える人も多いのです。

まあこれ、一概に学生のためだけではないのです。

音響機器は温度湿度に敏感です。

そして学校には高価なそういった機器が多くあります。

それを守るためにも、空調は万全にということです。

これもまた、音楽鑑賞など家で日常的にする人でもないと、普段は思いもしないことですね。

喫煙はまずNG

成年以上の場合、喫煙はまあ当人次第です。

周囲に迷惑をかけなければ、本人の自由です。

そして感覚的に、こういった仕事の人の場合タバコを吸いそうに思いますよね。

俳優などでも、タバコをトレードマークにしていた人も、昔は結構いました。

しかし声だけで勝負する声優の場合、声を傷めたりからしてしまっては元も子もありません。

周囲にも副流煙で迷惑をかけます。

結果、専門学校での構内禁煙も増えてきました。

こういう仕事だからみんなたばこを吸うだろうと思っていたら、喫煙所さえなかったで驚く人もまだまだ多いですね。

最後のあるあるはちょっと悲しい現実

学校入学時に最も多いあるあるが、卒業イコールデビューだと信じていたということです。

このあるある、ほとんどの人に当てはまります。

しかし専門学校をでたからと言って、すぐにプロになれるわけでもありません。

直ぐに仕事をゲットできる保証もないのです。

そのために、在校生の時から勝負をかけていく必要があるのです。

この、あるある、なしなしにしていきたいものですね。

まとめ

ちょっと普通人と違う仕事、世界の声優という仕事です。

その入口である専門学校で、常識の違いに驚く人も多いでしょう。

そして、こういう仕事だからきっとこんな感じで生活、と思っていたらそれも違っていたということ、びっくりが多いですね。

この声優の専門学校で驚き、こんなことあるある、プロになるための予習の1つだと思ってクリアしていってくださいね。

参考URL・参考文献・根拠など

https://tokyo-seiyuschool.info/aruaru/